June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« January 2012 | Main | April 2012 »

March 30, 2012

くりかえし。

ここ2週間、
毎晩同じ紙芝居をくりかえし読んでいます。


『こそだてゆうれい』 童心社

9784494077540


飴屋さんに道を尋ねた臨月の妊婦。
後に、夜な夜なその女の人が飴を買いに来ます。
後をつけると、その人は・・・

2週間前の日曜日に県立図書館で選んできた次女。
日に2回以上“上映”することもあるので

通算20回は読んだでしょうか・・・・

長女がセリフをきっちり記憶してしまうほど(笑)

どこで聞いたか、

子どもがくり返し同じ本を読んでもらいたがる(読みたがる)
のは、そのお話を体験しているからだ、と。

大人になるにつれ、
本は“読む”モノになるけれど、

子どもは毎回自分が体験しているから
何度読んでも毎回面白いのだと言う説を聞き、
妙に納得したのを覚えています。

自己中心な感じ方をする時期の子どもだからこその特権、
といってもいいのかも。

あさって返却しますが、
また借りてくるっていうパターンもよくあるので
まだまだこそだてゆうれいは夜な夜な我が家に出るのかも♪


March 26, 2012

いつもギクッとすることば。

時々、ふと思い出しては読み返す本が何冊かあります。

これもその一つ。


41wz3n6ndbl__sl500_aa300_


高校生の頃に、初めて出会った相田みつを氏、
そして
子どもがうまれてから著書やエッセイをよく読むようになった
児童精神科医の佐々木正美氏、

私にとっての“ゴールデンコンビ本”です。


相田氏は1991年に逝去されているので
のちに佐々木氏が相田作品の中からいくつかの書を選択、

そこに、児童精神科医として日々出会う事例を組み合わせて
著された本です。


何にギクッとするか、というと。


「育児に失敗する親は、遠くから見ていられない親なんです。」

という佐々木氏のことば。


目配り、気配り、手は出さず、と
呪文のように唱えて心がけようとしてはいるけれど、

やっぱり口が出てしまう!
のんきな次女に関しては
手を出して急かしてしまう!


これから大きくなるにつれ、
子にも親にも迷いや挫折がたくさんあるだろうに
未就学児の子どもを“待てない”ワタシ、だいじょうぶ???と
自問自答。

子の成長と共に
読む回数も増えるであろう、一冊です。


********
子の日常。

Img_1639


玉ねぎの皮むきは次女の「お仕事」。
何かに集中している姉の邪魔をして喧嘩勃発、が多いので
そんな時はこのお仕事で回避。

まとめて4~5個むいて野菜室に入れておくと、
食事準備の時間短縮で助かりますよ~。

March 22, 2012

なんというご無沙汰。

長々、
ほんとに長々と放置していたブログ。
にもかかわらず、
覗いては心配してくださったみなさん、
どうもありがとうございます。


なんといいますか、
日常からPCが遠ざかっていた(?)というかなんというか。


PCがある場所が極寒だったから、、、
いや、これは理由にならないか。


とにかく元気にしています。
ご心配かけました。


*******
最近の娘らとの生活をご報告。


とある
仕事が休みの日の夕飯。

『手作りソーセージ』つくりました。

日頃はこんなことを一緒に楽しんであげるゆとりのない
ガミガミバタバタ母なので
たま~~~~にでも、こども参加型を、との母ゴゴロ・・・。


タネは
豚肉ミンチ、
もろもろ野菜を刻んだもの、
片栗粉、塩・コショウ、牛乳、にんにくです。

ラップに置いてくるくる。
Img_1648


次女の真剣さは口元をご覧ください(笑)
Img_1652


長いの、太いの、なんでもござれ~

Img_1653

あとはレンジで火を通すだけ。


こんな簡単なことでも
娘たちは大張り切りの大喜び♪

ごめんよ~、なんだか余裕のない母で。


« January 2012 | Main | April 2012 »