June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« February 2011 | Main | May 2011 »

March 30, 2011

誕生!ナガサキアゲハ

夕方、帰宅すると
私の視野に何か黒いものが入りまして。。。


うわっ!
“出てきてる~~~!!”


Dsc_0059


秋にさなぎになった我が家の居候三匹のうち、天井の子が一番乗りで。


こわごわながら羽化のシーン見たかったなぁ。


<おまけ>
床に積見上げていた畳まれた洗濯物。
何コレ?!
Dsc_0004


知らなかったんですが
羽化のときにこういう液体を出すのだとか。。。

数ヶ月たまった排泄物?老廃物?

きれいに取れるかなぁcoldsweats02

March 22, 2011

九州でなにをしたらよい?(東北関東大震災について)

震災発生から10日が過ぎました。

ニュースや新聞、報道は続いていますが
各局被災者の“ドラマ”的な部分を取り上げる時間が長くなってきました。

目を背けてはいけない現実、とわかってはいるけれど
その類の映像やインタビューを
どうしても直視できない自分がいます。


かける言葉もみつからないし
非被災地国民の一人である自分の非力さに
どうしようもないもどかしさを感じるし、
日々何をしていても罪悪感がある。


九州に住む私たちは何をしたらよいのだろう、と
ずっとずっと考えています。

思いつくことはしているつもり。

長く長く時間を要するでしょう。
住宅が整い始めていますが
この先の仕事は・・・とか
具体的なことが頭をめぐって。


九州にいて、
日々の生活(働く、消費するということを含み)を続けられる人は
続けなくちゃ。

働ける人が、働こう。

私事ですが
夫が仕事で19日に宮城県へ向けて大分を発ちました。


自分にできることを、と
あちらで懸命にしていることと思います。

妻であり母である私にできることは
「持ち場」を守ること、だと思ってます。

娘たちが不安に思わないように。
毎日の暮らしを、
きちんとしていけるように。


みなさんもきっと、考え、考え、
ご家庭で、職場で、話をしていることと思います。


特に信心深いわけではないけれど
あとは祈るばかり・・・

March 17, 2011

東北地方太平洋沖地震 私たちにできること(一部変更)

日々心配が募るばかりです。

11日の発生以来、なんと書いてよいかわからず
ブログも更新できませんでした。

まずは支援のことをかきます。
ニュースで報道ありましたが、
昨日から大分県庁でも支援物資を集め始めました。

以下に抜粋します。


大分県庁関連ページ

使用済みのもの、使用期限が1ヶ月以内のもの、生ものは、ご遠慮ください。

 (1) 水(ペットボトル、500ml、2リットル)
 (2)その他飲料(ペットボトル、500ml、2リットル)
     特に、スポーツドリンク。ジュースも可
 (3)生理用品
 (4)使い捨てカイロ
 (5)紙おむつ
 (6)高齢者用おむつ
 (7)尿失禁用パッド
 (8)ウエットティッシュ
 (9)使い捨て容器(紙コップ、紙皿、スプーン、割り箸)
 (10)毛布(新品又はクリーニング済みのもの 布団は不可)


持ち込み時間が9時~17時というのが困りどころですが
可能な範囲内でお届けしましょう。

遠く離れた九州で、
私たちにできることはなんだろうと
何をしていても考えています。

節電について、
いろいろ調べてみましたが、
九州電力からの“電力融通”には限界がある、との記事が多いです。
(詳しい方いらっしゃったら教えてください。)


近所のコンビニやパチンコ店もネオンを落としています。
個々人の家庭でも
ぎりぎりのところまでの節電、心がけたいです。

直接の電力融通は困難でも、
被災者の皆さんのことをおもうと
少しも無駄にできない気持ち、ありますよね。

それから、
必要以上の物資の買い込みは控えたいところです。

被災地だけでなく、
関東では店舗に商品がない状態だと聞きました。

こちらへの流通を減らし、
より不便なかたがたへ届くようにして欲しいです。

何をしていても申し訳ない気持ちがして
何もできないのに、どうしよう、どうしようということだけが
ぐるぐる回っています。。。


私事ですが
関東には友人・知人・元同僚・二人の実妹に義兄夫婦etc.、
たくさんの関係者がいます。

今現在、全員と話はできていませんが
迷惑にならない程度で
メールや電話での励ましをしたいと思っています。


何ができるのか、
日々娘たちも一緒に考えています。

ひとりでも多くの方に
少しでも早い安心が訪れますように。。。

March 09, 2011

熱発したら「足のお風呂して!」

珍しく、次女が熱を出しました。
職場に保育園から電話。
38度越えました、と。

仕事もほぼ終わりのころだったので
いつもより少し早くあげてもらい、
急いで迎えに行くと・・・元気いっぱい!!

食事は残さず食べたけど、
「おかわりください!」がないから
みんな心配したよ~、と保育士さんたち。。。

うちでは熱が出たら、まず「足湯」です。

Dsc_0001


熱が出たのは次女なのに、長女までやりたがりまして。


足首までお湯を入れて、
エッンシャルオイルを数滴たらして(この日は長女の好きなラベンダー)、
おとなしく座っておくのみ。

母は
やかんに熱めの湯を入れて
時々継ぎ足すのが仕事。

肌が赤くなるぐらい熱めがいいと聞きました。

が~~~っと熱を上げて
汗かいて、
翌朝はけろっとしてる、というのがパターンです。


もちろん
必要とあらば受診はするつもりで、
他の症状もひたすら観察、観察。


特に発汗、機嫌、食欲が
我が子たちのバロメータかな。


長女には「熱発→足湯」が定着したようす。
体調悪いと
「足のお風呂して~」と訴えてきます。

子ども自身が“対応策”を一つ持っていると、
体調不良に対する必要以上の憂慮が無くていいかも、と思います。

すっかり元気。
おかげで仕事も休まず行かせてもらえてます。

健康に感謝~!

March 07, 2011

府内子どもルーム3月 終了

5日(土)、今月の府内子どもルーム ベビマ教室でした。

Dsc_0006


生後数ヶ月経って、
お母さんの気持ちに少し余裕が出てきて、
「外に出てみようと思って」、と話してくれた方もいらっしゃいました。

教室に足を運んでくださったみなさん、

ありがとうございました。

Dsc_0011


楽しく過ごせたかなぁ・・・

Dsc_0012


動き回るようになって
「どんな服着せたらいい?」という疑問に
いろんなアイデアが出されて、

こういう会話、大切よね~と
しみじみ感じました。

私自身、
長女が4ヶ月のとき
当時住んでいた杉並区の保健センターで
「子どもの服、どこで買ってますか」と質問をしたのを思い出しました・・・
(しかも数十組の母と子の前で・笑)


あのころ、
そんな些細なことでさえも
話す相手がいなかったんだなぁ。。。。
(その時出会った数人のお母さんとは
その後ずっと、大切な友だちです)


Dsc_0014


子どもルームでのお母さん同士の出会いが
その後に繋がりますように!


Dsc_0004


次回は4月2日(土)です。

府内子どもルームに直接お申し込みくださいね。

小さいけれど大きな笑顔に出会えることを
楽しみにしています♪

Dsc_0017


March 05, 2011

我が家の流行 ジェンガ

先月から我が家で流行っているもの、それが

ジェンガ!


これが想像以上に親子でハマりまして、
一時期は寝る前に一戦交えないと床に就けないほどでした。


今は落ち着きましたが
2歳になりたての次女も含めて、みんな必死になれる。

見直す価値のあるゲームです♪

おたくに、 
実家に、
眠っていませんか?(笑)


先日、
長女の幼稚園発表会に合わせて、
東京から二人のおばたち(私の妹)、
山口県からじいじ・ばあば(私の両親)が大分へ。


鉄輪の宿に一泊し、
家族ジェンガ。

こんなに必死です。
Jennga_3

慎重なオトナに、
大胆不敵な幼児たち。


だまされたと思ってやってみてください!
想像以上に笑えますよ~~

March 02, 2011

2月2回目のサロン

先週、サロンを開催しました。

今回は「米ぶくろ作ってみませんか」という企画。


過去のブロにも書いたけれど、
湯たんぽよりお手軽(レンジでそのまま数分チン♪)で、
熱すぎないから安心、
という暖取りグッズです。


今回、うちでつくったHさんのこめぶくろ↓


これ、古着の長袖部分なんですよ~~。
Dsc_0227_2


①長袖を脇のところでちょん切る
②脇側をちくちくと縫って
③お米を入れる(お好みで。Hさんは3合)
④手首側を閉じる


簡単でしょ!

私は、これまで手首側を縫い閉じてましたが
Hさんのひらめきで、今回は結んだだけ♪
ははの知恵、素敵(笑)


大きさも、厚みも、
すべてお好みでできます。

「靴下でもできるよね」
「うちは靴下にコーヒーかすを入れて靴に入れてる~」
「ゆた●んよりいいかも」
など、おしゃべりも弾みました。

Dsc_0226_3

今回参加のお母さん同士、
出身地が一緒の方がいらっしゃいました。


そんなお二人の会話の一部です↓

Hさん「どんなお仕事されてるんですか」

Tさん「これこれこういう(・・・と説明)」

Hさん「え、もしかしたら、わたしお母さんを知ってるかも・・・」

Tさん「え!」

Hさん「わたし、出産のときにお世話になったかも・・・」

Tさん「え~!○○助産院ですか?!」

Hさんが出産の折、Tさんのお母さんが勤務されてたんですね~。

人生の貴重な瞬間に出会ったスタッフの方、って
忘れられないものですもんね。

すごい偶然に驚きました。
世の中、ほんっとに広くて狭い!

人はみんなどこかで繋がってるんだなぁと
改めて感じた出来事でした。


今回も、体調不良でキャンセルの方が数組。
皆さん回復されましたか?


来月は、私の都合で18日(金)のみの開催になります。

“ははが楽しむ時間”はまたまたベビマです。


MO-HOUSEの春商品がどんどん出ています。
次回はかわいくて、取り扱いしやすい授乳服を
私なりにセレクトしてたくさん入荷しておきますね。


ご都合良い方はぜひお越しください。
初めての方は、左の「お問い合わせ」からご連絡ください。

リピーターさんも、ベビマの参加についてはご連絡くださいね。


手にとって見たい、
試着してみたい、というMO-HOUSE商品がありましたら
10日ごろまでにご連絡ください。

« February 2011 | Main | May 2011 »