June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« September 2010 | Main | November 2010 »

October 29, 2010

姉妹。

うちの長女は4歳3ヶ月、
そして次女は1歳10ヶ月です。

ここ数ヶ月かな、なんとかいっしょに遊べることも増えました。


この日はバスに乗ってる、っていう遊び。
Dsc_0482


昨年まで住んでいたのは
東京都杉並区。
常用していたのは地下鉄丸の内線やJR中央線、
そして欠かせないのが、バスでした。

ノンステップバスがほとんどだし、
ベビーカーをたたまなくても
子ども乗せたまま乗車できるようなスペースも
それなりに確保されていて、助かったものです。

長女には
そのときの記憶がちゃんとあるらしくて
「狭いからべビ-カー隅っこに寄せとくね」とか
時には
「今からバス乗るから、ベビーカーたたもっか」なんて
妹相手に言い聞かせてます(笑)

みんなでバスに乗って遠足に行くそうです。
本読んでると車酔いしないかい?


次は寝る前の一枚。

その日その日で
子どもが選んできた絵本を読む週間の我が家。
(私の方が睡魔に勝てず、うそを読んで子に突っ込まれることも・・・)


この日は私がバタバタしてしまって
姉妹で解決してました。
Dsc_0395

大きくなったねぇ。。。


わたし自身、3姉妹です。
長女です。

昔はそれはそれは腹の立つことも多かったし
なんでこうなのよっ!とやり場の無い気持ちも盛りだくさん。


でも今は、当時の思い出は宝物だし、
離れたところで生活している妹たちと、
子どもをまじえて過ごせる貴重な時間は
他に変えられないなぁとしみじみ思います。

October 26, 2010

ノリのよさ?

改めて言うことでもありませんが、
二人の娘との日々は面白いことの連続です。

もちろん、こんな小さな子に!とおもいながらも
まんまとイライラさせられたりもしますが(笑)

今日はうちの子のハナシではないのです。
お友達の娘ちゃんは双子の5歳児♪

Getattachment1_5_2

とってもかわいいんですよ~

短時間いっしょにいただけで
二人の性格がぜんぜん違うことに気づかされます。

二人とも、母たちの話も気になるし
いっしょに遊んで欲しいって気持ちもよ~く伝わるんだけど
オトナはオトナでめったに無いこの機会に
話がしたいっ(ごめんよ~)


で、彼女らの本に
木の実と葉っぱで楽しむ工作が出てたのを見たオトナたちは・・・

「お庭に素敵な実が落ちてない~?」とか
「葉っぱでお顔作ってみたら~?」とか
言葉巧みに何とか二人で楽しく過ごしてもらおうとするんですが。

一人はすぐにノリノリで庭へGO!

でももう一人は・・・
「めんどくさい~」「やだよ~」と床に根が生えちゃった。


しっかり写真には写り込んでますが
一人の作品です(笑)
Getattachment1_6


ノリのよさって、その時々で違うんですよね。
気分とか、ブームとか、
乗せる大人との相性とか。

うちも娘たちを何とか乗せようとすることがありますが
二人ともいっしょに乗ることはまずありません。
二人とも乗らないことは多々あります・・・・


言葉の選び方、勉強しなきゃな~。

October 25, 2010

なんだか気忙しいとき。

ご無沙汰してしまいました。
コメントくださった方、訪問してくださった方、ありがとうございます。

サロンのお知らせも遅くなってゴメンナサイ!

先にお知らせさせてください。
次回のサロンは
11/5(金)13:30~です。
“母が楽しむ時間”はベビマです。
MO-HOUSEの授乳服や下着で「手に取ってみてみたい」という商品があれば、上記HPでご覧になってご連絡ください。
お買い物の有無にかかわらず、
サロンの日までに取り寄せておくことができます。
(取り寄せ不可の物もありますのでご了承ください)


さて。

ここ2週間ぐらいバタバタしてました。
何が忙しかったのか、よくわからないんですが・・・
なんだかひとりバタバタしてた気がします。


みなさんは何をもって
「自分の生活の落ち着き度」を感じますか?

私は、食事内容、ですかねぇ。
あとは家計簿がたまってないか、とか(笑)


私の場合、それらの根っこにあるのは、
早朝の行動ができてるか否か、です。


子どもとともに20時ごろには就寝して
6時間の睡眠ののち起床。
そこから夕飯の片付けやブログ更新や
生協の注文書記入や朝食・夕食の準備などをします。

というのが理想ですが、毎日とはいきません。

そのリズムが崩れ続けていると
「生活が落ち着いてないなぁ」と身体から実感できます。


週2~4日ですが仕事に出ているので
そんな日は特に、早朝の行動が思うようにできないと、
つまるところ夕飯がか~な~りいい加減な内容になります。

そんな日が続くと、
栄養が偏るせいなのか精神的に落ち着かないのか
だるさが抜けない気がしてしまいます。


今日は何とか早朝から動いて、こうしてブログの更新もできました!
子どもたちも元気です。(中央:長女、右:次女)
Dsc_0146

さて、台所へ移動します~。


<おまけ>

さなぎたち、まだ孵化する気配がありません。
越冬?!
ぼちぼちヒラヒラと舞う?!


天井にて(ナガサキアゲハその1)
Dsc_0153

本棚の側面にて(ナガサキアゲハその2)
Dsc_0155

みかんの葉で(種類のちがうアゲハ)
Dsc_0154


October 11, 2010

ビビビ

これまでに、何人か
「この人は!」と気になる人との出会いがありました。

大人になってからの友達、って難しいなと思うこと、ありません?
とくに
子どもを挟んでの関係って。

あ、
子どもへの影響、とかそんなんじゃなく、
「私個人の友達」ってのがむずかしくなるというか。

簡単に言うと○○ちゃんのママ、同士で終わっちゃうことが多い。


だから、
私は、子どもが生まれてからは、
子どもがいなくても仲良くなれた、仲良くなりたいと思った、
という人と友達になれたら、と意識することが多くなりました。

彼女たちにとっての私も、
そうだといいなと思うし。


で、
半年以上前から顔と名前は知っていたし、
簡単な会話はすることがありながら
ず~~っと気になってた方と
少し前にお近づきになりました。


って表現、固いなぁ。


仲良くなりたいな、もっと話してみたいなと思っていたので
お宅にお邪魔して
お昼をいっしょに食べて、
ケーキをいっしょに食べて、
いろいろ話せて、
本当に嬉しかったのです。


転勤族の配偶者な私。


この先も、
あちこちで、たくさんの出会いがあるだろうけど
関係を深めていくのって容易じゃないな、と思ってます。


小さな出会いにも感謝しつつ、
ビビビときた人に声をかける勇気、
これも大切にしたいと思います。


追伸;

我が家の幼虫たち、3匹ともさなぎになりました!
後日アップします。
そろそろ部屋に蝶が舞うかと思うと
ちょっとした恐怖と
大きな期待、です。

October 07, 2010

私の育児記録。4年分。

長女が生まれてすぐは、市販の育児日記帳を使っていました。

根が不精な私。
うんち、おしっこ、を書くだけでつかれてしまい、挫折。


生後二ヶ月からは「乳幼児だより」というものを利用してきました。
これは、婦人之友社のシステムで、
①入会。記録用紙がまとめて送られてくる(1年分or半年。これは個人の希望で異なる)
②毎月の記録を書く(項目が細かく分けられているので、書きやすい)
③次月の5日着になるよう、婦人之友社に郵送。
④月末に「乳幼児だより」(B5版の新聞のようなもの)が届く。


この「乳幼児だより」がとても参考になりました。
子育てにおける知識や、ヒント、レシピなどが丁寧に書かれていて、
育児書を持たない私には、コレは心強いものでした。

そして、自分を含め、全国から(海外在住の方からも)集まった育児記録を
編集部の方がまとめて、
月齢ごとにエピソードを掲載してくれます。

時には、子が描いた絵や写真も添付しているので
それらが掲載されると、子ども自身大喜び。

何気なく記録用紙の隅に書いた私の思いを拾い上げてくださり、
全国に紙面上で呼びかけてくださったことがあります。

それに対するお手紙やご意見などがたくさん編集部に寄せられ、
そのすべてをコピーしたものが届いたときには
本当に心強く、ありがたく思ったものです。


前置きが長くなりましたが
このシステム、満4歳の誕生月を過ぎると卒業です。

その後、それまで提出したすべてがまとめて返却されます。


担当編集さん(全員に担当がつくそうです)からのお手紙も。
まるで、卒業証書を頂いた気分。
Dsc_0004


ちらっと読み返しただけでも、
自分が忘れていた小さなエピソードや、
そのときの心情がよくわかって、
ホロッとなりました。

「今しかないこの時期を、何かの形で残したい」、
「育児日記は面倒」、
「ちょっとした相談ができる場所が欲しい」
そう思っているお母さん。

お勧めですよ。
ものぐさな私も、月1回提出というペースと
毎月届く「乳幼児だより」が楽しみで4年続きました。

次女が産まれてからは二人分書いて、ちょっと大変でしたが・・・


東京にいれば、月1回、婦人之友社で集いがあり
身体測定や離乳食の試食や育児相談ができます。(500円だったかな)

地方にいる人には、電話相談システムがあります。(無料)

利用料は3800円/年です。(兄弟姉妹が何人いても、値段は一律)

「しばらく休みます」「もりもり食べます」「脱皮します」etc.

またまたちょうちょのその後です。
(ちょうちょと感じがたい画像ばっかりですが・・・)


最初につれてこられた子が、
留守中に脱走、壁をぐんぐんつたったらしく、
天井で変態していました。
Dsc_0487

1週間程度でちょうになるはずだけど、
我が家のちち曰く「(涼しくなったから)このまま越冬するかも」と。


もしかしたら天井にいるこの「お休み中」の子と
年を越すのかもしれません。

そして、おそらく次に来た中の一匹は、
夜中暗闇で「ぱり、ぱり、ぱりぱり」とお食事中を激写。
伝わるかなぁ、この感じ。
Dsc_0009


Dsc_0014


平らな葉っぱに対して、直角に位置して食べ進むんだねぇ。

この次の日には、これまた脱走し、
探した結果・・・

Dsc_0017
じゃ~~~~~ん。
本棚の壁で、さなぎになる姿勢をとってました。
よ~くみると、壁と自分の間に糸を引いてるのがわかります。
これから先の写真のように、
形と色を変えていくんだね。
おやすみなさ~い。


最後に、いちばんのちびっ子は、
脱皮を繰り返して先輩に続くべく大きくなってます。

これ、脱皮あとのモノ。
Dsc_0003


・・・う、複眼がリアル。

[]

October 04, 2010

府内子どもルーム ベビマ10月終了

お休みなどが重なり、今回は4組のご参加でした。

Dsc_0442


Dsc_0446

毎月、もちろん参加者が違うので当たり前なんですが
不思議と、この部屋の空気が違うのを感じます。
今回は、もともとお知り合いだったわけではない4組さんでしたが
開始直後から
すぐに一つになるかんじ、受けました。

なにが違うのか、いまだわかりませんが
きっとベビちゃんも過ごしやすかったはず、です。


Dsc_0454
↑さすがに、なれてましたね♪
5ヶ月、おめでとう~

Dsc_0443
↑笑顔がとってもかわいかったんだけど
 あえてこのショットを♪
 見つめられてドキドキしちゃいました(笑)
 


Dsc_0448
↑今回最年少(3ヶ月)でした。
 この姿勢がまたカワイイ♪
 とってもおしゃべり上手でしたね~
 お姉ちゃん、お兄ちゃんともぜひやってみてくださいね。

Dsc_0452
↑リピートありがとうございました。
 ますますりりしい表情になってましたね。
 このひと月での成長が見られて嬉しかったです!

Dsc_0458
みんな、
それぞれのペースで
元気に育っていってね♪

お母さん、おつかれさま!

おまけ
Dsc_0463
「お!!ちゅ~、か!?」
と、騒然となりました(笑)

「幼虫です、どうも。」その後

ナガサキアゲハの幼虫を観察するのが日課となっている我が家。
文字通り、
寝ても覚めても「幼虫!」な日々を送っています。

最終的に
「お引越」してきた(させられた)幼虫、3匹。


もう、どれがどれやらわかりません。

↓本棚の一角で葉っぱの上に乗せているのですが
Dsc_0441


脱走を繰り返す。
Dsc_0431
Dsc_0475

幼虫って、
柑橘系の葉っぱを食べて育つって、知ってました?
私、この歳になって初めて知りました。
そしてウンチをかなりの量、落としてくれます。

我が家のちちはあまり掃除しませんが、
幼虫がいる本棚の前はマメに掃除機かけてくれます。(うんち除去)


ぼちぼちさなぎになると思います。
まだ脱皮をしている幼虫もいるので、
しばしこの虫との共同生活は続きそう・・・

MO-HOUSEサロン10月1回目

更新がおくれてごめんなさい~

2組のお客様です。
この日はベビーマッサージ入門編でした。

Dsc_0421

開始直後からこの落ち着き♪
とってもいいかんじ~~。


Dsc_0424

お母さん、上手です!
ベビちゃんたち、すっかりリラックスです。


Dsc_0425

Dsc_0418

今回、お二人といろんなお話して感じたこと。

当たり前のことなんだけど
それぞれにそれぞれの子育てがあって、
いろんな個性をもって子どもは成長していくんだな、って。

それって、改めてすごいことだなと思います。
妊娠中も
出産にまつわる色々も
その後の環境や、栄養の取り方や、受ける刺激、
何ひとつ同じことは無くいわけで。

そんな毎日の中に
ベビマが一役買ってくれるととっても嬉しいな、と思います。

そして、
二人のかわいらしい“むちむち”感を堪能させていただきました♪


p.s
差し入れ、どうもありがとうございました!

« September 2010 | Main | November 2010 »