June 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« July 2010 | Main | September 2010 »

August 26, 2010

「ははが楽しむお話し会」

今月は1回のみの開催となりました。
まだまだ告知も不十分だし、
「暑いので来月・・・」というお声を頂いたり
長期帰省の方もいらしたりで、
参加人数はごくわずかでした。


24節気の“処暑”を過ぎたというのに、ものすごい暑さ!
この暑さの中を来てくれたIさん、ともくん、ありがとうございました。
楽しんで貰えたかなぁ。

今回、選んだ絵本は3冊。
1『しあわせの3つのおしえ』
2『かみさまからのおくりもの』
3『わすれられないおくりもの』です。

母のため、のセレクトでしたが
テーマはしあわせ。

以下、内容を少しご紹介します。
いずれも素敵な絵本で、1と3は独身時代から読み続けているものです。

1『しあわせの3つのおしえ』
51w42sx0ywl_ss500_1
その犬が小さいころ、ママはいつも“3つのおしえ”を教えてくれました。
ご主人に従うこと。
道を渡るとき左右をよく見ること。
困っている人は助けること。

だけど、大きくなってつれていかれた新しいご主人は、ウサギを殺すひどい人だった。
“ぼく”は逃げ出し、森をぬけ川をわたって、とうとう町まで。そして…。
犬が、しあわせにたどり着くまでの旅のおはなしです。

母の愛にじ~んと来てしまいます。


2『かみさまからのおくりもの』
51yjq03mral_ss500_1

産まれてくるあかちゃんには、「それぞれの個性」が贈られるという話。
とてもシンプルな贈り物だけど、大切なことばかりです。
長女が2歳のころに我が家にやってきた絵本で、
娘たちもわたしも大好きな1冊。

日々、子どもに大声を出しちゃったり、
聞き分けの良い(ことが多い)長女に母のイライラをぶつけてしまったり、
「なんでそんなことしてしまうの!?」なんて思う日は、
意識して読むようにしています。

娘たちはもちろん、
わたしも、夫も、友達も、職場の同僚も、
みんなみんな、それぞれの“贈り物”をもって産まれた
大切な一人。
そうおもうと、不思議と心が穏やかになります。


3『わすれられないおくりもの』
61trh2zff4l_ss500_1


これは、独身時代からの愛読書。
当時の勤務先は、ご高齢の患者さんが多く
そこでたくさんの人生の幕が閉じられることに、
新人だったわたしは、少々精神的についていけない感じでした。

そんなときに出合った本。
アナグマさんがなくなるところから始まり、
彼の友人たちは、悲しみに暮れますが
じきにアナグマさんが残してくれたたくさんの贈り物に気づき、
元気になって行きます。

今年になって、
長女が「ぱぱちゃん」と呼んでよく懐いていた知人が他界しました。
娘たちとともに病床を見舞い、
その後「ぱぱちゃん」は旅立ちました。
娘は「ぱぱちゃん」のパートナーに贈るために絵を描きました。
「また病院にいくから元気でねって書く」というのです。

なんども天国へ行ったことを説明し、
そのたびに納得するのだけど、少し日が経つと
まだ病院にいると思ってしまうみたい。

最近、この絵本を時々読んで、
娘は「ぱぱちゃん」が教えてくれたことやいっしょにしてくれたことを
思い出しては話してくれています。

August 17, 2010

ははにも休日を~。

少し前のことになりますが、
ず~っと気になっていた整体に行ってみました。


近所にある「ほぐしや」というところです。


バキバキってしません。
何がすごい、っていう突飛な特徴があるわけではなく・・・

なんていうかな~、う~んと。


軽くなりました。
憑いてるモノおとした?ってぐらい。

きっとまたお世話になります。間違いなく。。。。


今1歳7ヶ月の次女は、
助産院にお世話になったので、
その関係もあって
彼女を身ごもった直後から、産後半年ぐらいまで
いろいろなことを体験してきました。

妊婦整体、
お灸、
テルミー、
リフレクソロジー、
アロママッサージ、その他もろもろ。


私がちょうど1年前まで住んでいた東京都杉並区というところには、
子育て応援券、なるチケットがありました。

乳幼児を育てている親には、無条件にいただけるもので、
年齢によってその金額は違うんだけど、
マッサージ(普通にあるチェーン店とか)や
一時保育や、
親子でかよう英会話だのリトミックだの、
それはもう色々な需要と供給がからみあったシステムでした。


それをフルに活用して、
子どもを区の託児に預けて
大きなお腹or新生児だった次女とともに
いろんなリラクゼーションタイムを楽しんできました。


大分へ移ってきて、気づけば
その類を全く、全く楽しまないまま1年。

そう思い立ち、即電話。

この日は子無しでお世話になりましたが、
子どもちゃん同伴もOK、だそうです。

マンツーマンだし、
絵本やブロック類が積んでありましたよ♪


次はいつ予約を入れられるかな~。

ははにも、休日。大事よね。


Cocolog_oekaki_2010_08_10_04_57

August 11, 2010

セミって。(昆虫ギライな方はスルーしてね)

時々ブログに書きますが、うちの娘たちは虫が好きらしい。
(ちょっとこわごわ、なところもあるけれど)

ちちは昆虫に詳しい少年時代を送り、
娘たちと網・かごを携えてよく出かけます。

私は・・・
少女時代は平気だったのに
いつからか少々気持ち悪さが先に立つようになっちゃって。

でも私が「気持ちわるっ」とか「こわいっ」とあからさまな態度をとると
娘たちは何の経験もせずに同じように思ってしまう。
そういうパターンを他で体験したので、
なるべく拒否反応を示さないようにしています。


先日。

セミの抜け殻と共に、
「はは~!もうすぐ脱皮するよ」と言いながら
“まだ飛ばない”セミも連れて帰ってきました。


そしてカーテンにくっつけると、
彼(彼女?)はいそいそと脱皮場所を探して歩き出し、
エアコンの室内ホースを選んでstop。

経過すること2時間。
気づいたときにはここまで出てきてました。
Dsc_0202


白いんですね。。。恥ずかしながら、知りませんでした。

そして寝入ったばかりのユウを起こし、一緒に観察。

正面から見るとこんな感じ。
うう。ちょっと「んっ」となりますが、
神秘的なので写真撮り続けました。
Dsc_0214


どんどん出てきます。
Dsc_0224

すぽっとオシリが抜けて・・・
Dsc_0233

“折りたたみ収納”されていた羽がぴんっと開きました。
Dsc_0s239

経過、かなりはしょりましたが
本当に神秘的でした!

だんだん出てきて、
身体をうんと伸ばして、
羽根も広がると
人間で言うと血液?のようなかんじで色がかよっていって・・・

この状態だと、かなりやわらかいので
運が悪いと、他の虫やアリの大群に食べられちゃうとか。

一晩かけて身体が硬くなり、通常のセミの色になりました。
そして朝起きたら部屋でぶんぶん飛んでる・・・・(という覚悟で就寝)


と思ったら姿が丸一日見えなくて。
正直わたしは恐怖の一日でした。
(更に翌朝、網戸の隅の方にじっとしているのを発見。
娘が逃がしました。・・・ほっ)


出産とは違うけど、
自分自身であんな大仕事して、
セミってえらい!

この体験以降、セミの応援団に回ってしまっている私です。

August 10, 2010

ベビーマッサージ教室 8月

去る7日(土)は、府内こどもルームでのベビマ教室でした。

二組の親子さんが熱発でお休み、とのことでしたが
もう落ち着かれたでしょうか・・・


今回は6組の親子さんが参加されました!
3ヶ月ちゃんが多かったですね~♪

Dsc_0137
Dsc_0138

Dsc_0139


Dsc_0141


ほぼ毎日ベビマをしてるというベビちゃん↓
お母さんの手つきのよさもあって、
すっかり「受ける側」も慣れっこの様子。
終了時には・・・
Dsc_0143

今回もっとも「先輩」の6ヶ月ちゃん↓
やっぱり、この時期の子どもって、
各月齢で、全く様子が違うんですよね。
意思のある視線が印象的でした。
Dsc_0136


今月は、お父さんお一人、おばあちゃんお一人の御参加も!
そう、ベビマは、お母さんとベビちゃんだけのものではないんですよね~。

お父さん、ぜひこの時期に「おとうちゃんの武器」にしてみてください。
言葉をつかったコミュニケーションができない時期でも
きっと、なにか伝えあいができると思いますよ。

Dsc_0145


み~んな元気にすくすく育ってね☆

Cocolog_oekaki_2010_08_10_04_57

August 01, 2010

湧水プールへ。

我が家の小さな夏計画のひとつ、
竹田の湧水プールに行ってきました!

水がつめたいっ!
一説によると16度程度だとか。

周りはくじゅう連山、阿蘇外輪山、などに囲まれていて
それはそれは景色良し、空気良し。
Dsc_0247

川辺に作られていて、
1歳7ヶ月児の次女も大丈夫。

ちなみにここの目玉は滑り台。
小さい子も、高校生も、そしてオトナもかなり盛り上がってますよ。
Dsc_0297
↑小さくてわかりにくいかな~。我が家のちちが滑ってます。合掌スタイルで・・・・

こんな感じで、オトナも滑らずにはいられない滑り台、ってことで。

湧き水スポットなので
これでもか!ってほど汲んで帰るヒトも多く。

駐車場も、プール利用料も無し。
湧水所横にお賽銭箱があるのでちょろりと気持ちばかり入れさせていただきました。


駐車場そう多くないので、
おススメは朝のうちに楽しんで、
11時台にはかえる、ってスタイルですよ。


ぜひ。涼を求めて足を運んでみてください。

« July 2010 | Main | September 2010 »